×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性の健康に関する話題をインターネットで集めてみました。心と身体のケア、妊娠、婦人病など、女性にとって気になる最新情報をお届けします。

★産婦人科学

婦人科学(ふじんかがく、英Gynaecology)とは、婦人科疾患等に関連する医学の分野の一つ。産科学と合わせて産婦人科学と称される場合が多い。
元々、女性に関連する特有の疾患を扱う分野として、19世紀初頭より発展してきた経緯を持つ。初期の頃は、診療というより「女性に関する医学的初期コンサルト」を担う分野として存在し、現在で言ういわゆる「女性総合診療部門」的な存在であった。そのため産科学が確立するまでは(帝王切開は外科学が担当)、その一部診療も担っていたため、明治以降日本でも「産婦人科学」が一般名称となってしまっていた。

◎増殖性疾患

子宮頸癌・子宮体癌・子宮筋腫・子宮内膜増殖症・子宮内膜症・卵巣腫瘍・絨毛性疾患

◎感染症

クラミジア・淋病・カンジダ・性器ヘルペス・梅毒

★産科学

産科学(さんかがく、英Obstetrics)とは、妊娠、出産等に関連する医学の分野の一つ。婦人科学と合わせて産婦人科学と称される場合が多い。
18世紀までは、妊娠、出産等に関する分野は、いわゆる「産婆さん(助産師)」が扱う分野であり、医学の一分野として確立した領域ではなく、多くは外科学領域において帝王切開、人工妊娠中絶がなされる程度であった。
その後、戦後「周産期医療」の発達に伴って急速に発展し、1960年代以降、妊娠、出産管理は助産所から病院で行うものと変化してくる。
現在では、医学分野としても疾患、病態ごとの細分化が進み、また病院の診療科の統廃合等に伴い、産婦人科学という領域から発展し、新生児学までを包括する「周産期医学」または「周産期センター」というようなものも一般的となってきている。

◎妊娠

正常妊娠・異常妊娠(妊娠悪阻・流産・子宮外妊娠,頸管妊娠・子宮内胎児死亡・切迫流産,切迫早産・常位胎盤早期剥離・前置胎盤)

◎分娩

正常分娩・異常分娩(微弱陣痛・過強陣痛・切迫子宮破裂・児頭胎盤不均衡・胎位異常・癒着胎盤)

◎母児感染症

風疹(風疹は経胎盤感染を起こす。症状:TORCH症候群を起こす)
淋病(淋病は淋菌性頸管炎が有る場合は産道感染を起こす。症状:新生児の目から膿が出る。目から膿が出る事を膿漏眼と言う。失明に至る事がある)
性器ヘルペス(症状:気道内乳頭腫を起こす)
クラミジア感染症(クラミジア感染症は産道感染を起こす。症状:新生児肺炎を起こす)
カンジダ症(症状:口の中に真菌の一種であるカンジダが繁殖する。口の中にカンジダが増殖する事を鵞口瘡と言う)

(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

links ご当地キューピー&コスプレキューピーWEB情報局/ 夕暮れ時のかわら版/ドラ猫コテツのニュースな速報!/これなら稼げるパチンコ&パチスロ/しょなのミニミニ動物記 /みっき☆の日々ノート♪/きょんの不思議探検隊 /産後ダイエット